経歴

1998年に海外ボランティアとして、ネパールで大学生に日本語を教え社会福祉システムの視察をした経験があります。その時に社会福祉の分野に携わっていきたいと思いました。その後、オレゴン州の知的障害者の子どもの幼稚園両親のサポートグループ、又子どもの虐待防止政府機関(CPS)で国内養子縁組そして、Holt Internationalという国際養子縁組のエージェンシーでもインターンとして働きました。大学生当時、インターンシップを通して、タイのバンコクの孤児院で赤ちゃんや子どもの直接的なお世話のボランティアもさせていただきました。2002年よりカリフォルニア州オークランドのFred Finch Youth Centerで心の問題のある子どもとグループホームで働き、Asian Women's Shelterでは日本語の通訳としてのボランティアも体験。2003年から2006年まではフリーモントで、QMRPとして知的障害と精神障害のある成人(リージョナルセンターのクライエント)のグループホームで働きました。カリフォルニア州のDepartment of Developmental Service のTitle 22に基づきQMRPとして、3つの24時間体制ケアのホーム(ICF-DDH)で働くスタッフをスーパーバイズする責任を担っていました。2005年より修士課程のインターンのセラピストとして、サンマテオ郡のMental Health Serviceで、公立小学校、中学校、高校の子どもや家族と働き、2006年には、サンタクララ郡バレーメディカルセンターで、HIVとエイズの患者と家族のセラピーをインターンとして行いました。2007年7月から2013年6月まで、サンマテオ郡の子どもの虐待防止政府機関(CPS)で主にスペイン語を話す家族と子どもたちの虐待の調査をEast Palo Alto市やRedwood City市中心に行いました。現在はRedwood City市にあるJohn F Kennedy中学校にサンマテオ郡から配属され、ファミリー・グループ・個人のカウンセリングをしています。それに加え、カリフォルニア州認定心理療法士として主に夜間や週末にカウンセリング・セラピーを行なっています。私の社会福祉の分野の仕事経験は15年に渡り、日本語、英語、スペイン語を使って人種や文化の多様性に対応しています。